子育てナビホーム   トピックス    自転車を乗りながらゲームをやっている

自転車を乗りながらゲームをやっている

自転車に乗って、5年生くらいの二人の男の子が、ゲームをやりながら散歩している私の方に向かってきた。1人は無事私の前を通り抜けたが、もう一人は私の手前5メートルくらいのところで男の子と同じ方向に歩いていた女性にぶつかって男の子は転んだ。ぶつかられた女性は自転車を乗りながらゲームをしてはいけませんよと注意していた。
ところが男の子は自分の自転車とゲームを持って無言で立ち去ろうとしたため、チョット待ちなさい「何故謝らないの」と私がその子を止めて注意したが、そのまま「シカトウ」して行ってしまった。

親は何を教えている?

親は多分わが子が自転車を乗りながらゲームをしていたこと等知るはずかないので無理にしても日ごろからどんな躾(しつけ)をしているかということになります。まず問題は二つあります。

迷惑を掛けても謝らなかった

ゲームを拾い、自転車をおこし、そのまま乗って行こうとした間、何も言わずに、ご婦人の注意している顔も見ずに行こうとしていた。
見ていた私はこれはよろしくないと思い、謝るように話しても無視でした。さらに、注意した方がいいかと思いましたが、逃げるように行く子を追いかけて注意するのは止めた。

自分の身は自分で守る。

もし、これが交通事故となれば大変なことになります。親の「しつけ」の足りないところは「自分の身は自分で守る」ことを教えていないところです。生きていく中でのリスクをどのように教えているかです。万が一のことになっても親と加害者が責任のなすり付け合いをしても本人は生き返ってきません。その前に大切なことは「自分の身は自分で守る」、「生活することはリスクを背負っている」ことをしつかり親が教えて危ないことは欲しいくない思いです。

今後はしないと思う

子育てで大切なことは悪いことをした場合、見ていた人は注意することです。
注意しないとその行為はOKサインがでているのと同じことです。
その場で注意しても素直に聞かない場合がありますが、これは、本人は悪いことをした。迷惑を掛けた。といったことは100も承知です。まずかったとの思いです。執拗に注意するとそれが反発に変わり、反省しなくなるケースもあります。
今日の注意の仕方はそれはそれでよかったと思っています。

迷惑を掛けたら謝る・生きていくことは、リスクを伴うことを教えることが大切です。

トピックス内の記事一覧

PTAへの参加は入退会は自由です
本来PTAへの参加は任意でありましたが、そのことを承知して入会していた保護者は多...
自転車を乗りながらゲームをやっている
自転車に乗って、5年生くらいの二人の男の子が、ゲームをやりながら散歩している私の...
増加している児童虐待
児童虐待が増加しています。全国の児童相談所が把握する件数は2007年度に4万件を...
子育ての手本を見ました
最近、子育てをしている若いご夫婦から学んだことがあります。 それは、感動的な子育...
幼児期からの心の教育のあり方について
中央教育審議会が文部大臣に答申した内容(1998年6月)を参考までに一部掲載しま...
子の学歴は親の経済力で決まる?
現在の社会は富裕層社会とそうでない社会が二極化してきています。そこでこれからの社...
子育てナビ HOME
トピックス
PTAへの参加は入退会は自由です
自転車を乗りながらゲームをやっている
増加している児童虐待
子育ての手本を見ました
幼児期からの心の教育のあり方について
子の学歴は親の経済力で決まる?
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719