子育てナビホーム   特集夏休みの過ごし方    一人で冒険させよう

一人で冒険させよう

年齢にもよりますが、夏休みは1人で冒険させる良い機会です。それも出来れば自分で計画を立て実行するようなやり方で行うのが望ましいと思います。
しかし、このようなことを突然やっては子供が戸惑うばかりです。それには簡単な冒険から始めます。まず、小学一年生は、近くのお店に御買物、小学2年生は親類の家に御泊り、小学3年生は、地域の行事に参加といった具合に親はい意図的にいろんな体験をさせ、子の成長を後押しをすることです。このような体験は多いほど良いと思います。それは自分に自信がつきます。
忘れてはならないのが、一人で子を外に出すことは危険が伴います。この危険を意図的に教えるのもこのような機会です。避けるのではなく、危険を体験し学ぶのです。
親は、日ごろからこのような体験の大切さを頭に置きリスクについてきちんと教え、その集大成として一人で冒険させるのです。このような体験を多くしている子は不登校や引きこもりにはなりません。

今の子育ては親の意図的な配慮が一番求められている時です。


特集夏休みの過ごし方内の記事一覧

一人で冒険させよう
年齢にもよりますが、夏休みは1人で冒険させる良い機会です。それも出来れば自分で計...
家族で苦楽をともにしよう
夏休み中は、ほとんどの家族はお出掛けすると思います。それが子にとって一番の楽しみ...
可愛い子には旅をさせる
子の成長に欠かせないのが他人の飯を食べさせることです。今は果たしてどのくらい他人...
夏休みは子の飛躍する時です
夏休みは親にとって子が毎日家に居るのでうっとおしい感じがします。しかし、子どもは...
子育てナビ HOME
特集夏休みの過ごし方
一人で冒険させよう
家族で苦楽をともにしよう
可愛い子には旅をさせる
夏休みは子の飛躍する時です
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719