子育てナビホーム   特集江戸時代の子育て事情    親が子を抱えこまない子育て

親が子を抱えこまない子育て

西郷隆盛や楠木正成の銅像の製作者である彫刻家高村光雲は嘉永5年(1852年)に江戸下谷の長屋に生まれ、自叙伝「12歳になると、奉公にでるのが普通」だった。と書いています。 「13、14歳になると、ちとトウが立ち過ぎて使う方でも使いにくくて困る」14歳になってぶらぶら子どもを遊ばしておく家があると「あれでは貧乏するのも当たり前だ。親達の心得が悪い。」と世間の口がうるさかったものだから「11、12歳は奉仕の適齢期であって、それから10年の年季奉公。それが明けると一年の礼奉公それを努め上げないとろくでもない者と町内でも排斥された ものでした。」

光雲が奉公に出る時に父親が「今までは親の側にいて我慢が出来ても、明日からは他人の中に出ては、そんなことは出来ぬ。それから師匠様始め目上の人に対し、少しでも無礼のないように心がけ、何事があっても皆自分が悪いと思え、申し訳や口答えをしてはならぬ。一度師の許へ行ったら、二度と帰ることは出来ぬ。もし帰れば足の骨をぶち折るから左様に思っておれ。」と言っていいます。

庶民のための育児書「撫育草」(1803年)の「丁稚教訓」でも同じことを言っています。
要するに子どもをいつまでも親の懐に抱え込むのではなく、一定の年齢になれば師に託し、あるいは他家に奉公に出すことで子どもを自立させてゆく。親が選んだ師匠に託すのだから師を信頼し、きっぱりと全面的に託します。師は自ずから姿勢を正し手習いを教え、職業を教え子どもの成長を全面的に引き受けます。
これは地域社会の親たちのたちの連携によるすばらしい子育てではないでしょうか。


特集江戸時代の子育て事情内の記事一覧

親が子を抱えこまない子育て
西郷隆盛や楠木正成の銅像の製作者である彫刻家高村光雲は嘉永5年(1852年)に江...
江戸時代のしつけ・手習い
江戸時代は、「十歳から師につけよ。」とあり、「手習い師匠」(寺子屋)では、手習い...
小児必用養育草(しょうにひつようそだてくさ)の子育て
小児必用養育草(しょうにひつようそだてくさ)「1703年刊」医師香月牛山(かつき...
貝原益軒の「和俗童子訓」(わぞくどうじくん)の子育て
日本の教育学の祖とされている貝原益軒は「和俗童子訓」(わぞくどうじくん)1710...
江戸時代の子育ての基本
江戸時代の子育ては大変子どもを大切にした子育てをしています。その基本として次のよ...
親の自らの行いで教える子育て
後に近江聖人と呼ばれた中江藤樹は「今の人は口で言って、聞かせることを教えていると...
儒教の教えで子育てしました。
儒教の教えとは 江戸時代、徳川家康は社会の秩序を維持するために儒教を治世に取り入...
子の溺愛が批判された時代です
江戸時代の子育て論に共通して言えることは、子どもへの溺愛が批判され教えの大切さが...
子育てナビ HOME
特集江戸時代の子育て事情
親が子を抱えこまない子育て
江戸時代のしつけ・手習い
小児必用養育草(しょうにひつようそだてくさ)の子育て
貝原益軒の「和俗童子訓」(わぞくどうじくん)の子育て
江戸時代の子育ての基本
親の自らの行いで教える子育て
儒教の教えで子育てしました。
子の溺愛が批判された時代です
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719