子育てナビホーム   特集江戸時代の子育て事情    儒教の教えで子育てしました。

儒教の教えで子育てしました。

儒教の教えとは

江戸時代、徳川家康は社会の秩序を維持するために儒教を治世に取り入れました。これにより儒教の考え方が江戸時代を通して繰り返し説かれ浸透していきました。
儒教の教えとは、人間の本性は善であるが、周りの人々や環境に「習う」(しつけ)ことで次第に善人か、悪人かの違いが出来てしまう。とする考え方であります。
子どもに教えるということは、まず、親が自分達の行いを正しくし、乳母や周りの人々を選び、友人を選び、師を選び、環境を選ぶことであります。

儒教の特色

儒教は、「修己治人(しゅうこちじん)」(己(おのれ)を修めて人を治める、という意味の朱子のことば)の学問であります。修己とは自分自身において道徳的修養を積むことです。その意味で儒教は倫理の学問であります。しかしその修己は、自身のためであると同時に治人を目的としていますから人民を治めるための政治の学問と言えます。ところが儒教でいう政治とは、法律や刑罰で民を規律することではなく、道徳によって民を善導することにあり、そこでまず己を修めることが必須(ひっす)とされたのであります。


特集江戸時代の子育て事情内の記事一覧

親が子を抱えこまない子育て
西郷隆盛や楠木正成の銅像の製作者である彫刻家高村光雲は嘉永5年(1852年)に江...
江戸時代のしつけ・手習い
江戸時代は、「十歳から師につけよ。」とあり、「手習い師匠」(寺子屋)では、手習い...
小児必用養育草(しょうにひつようそだてくさ)の子育て
小児必用養育草(しょうにひつようそだてくさ)「1703年刊」医師香月牛山(かつき...
貝原益軒の「和俗童子訓」(わぞくどうじくん)の子育て
日本の教育学の祖とされている貝原益軒は「和俗童子訓」(わぞくどうじくん)1710...
江戸時代の子育ての基本
江戸時代の子育ては大変子どもを大切にした子育てをしています。その基本として次のよ...
親の自らの行いで教える子育て
後に近江聖人と呼ばれた中江藤樹は「今の人は口で言って、聞かせることを教えていると...
儒教の教えで子育てしました。
儒教の教えとは 江戸時代、徳川家康は社会の秩序を維持するために儒教を治世に取り入...
子の溺愛が批判された時代です
江戸時代の子育て論に共通して言えることは、子どもへの溺愛が批判され教えの大切さが...
子育てナビ HOME
特集江戸時代の子育て事情
親が子を抱えこまない子育て
江戸時代のしつけ・手習い
小児必用養育草(しょうにひつようそだてくさ)の子育て
貝原益軒の「和俗童子訓」(わぞくどうじくん)の子育て
江戸時代の子育ての基本
親の自らの行いで教える子育て
儒教の教えで子育てしました。
子の溺愛が批判された時代です
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719