子育てナビホーム   軽度発達障害とは    行為障害とは

行為障害とは

行為障害(CD)と反抗挑戦性障害(ODD)とはあわせて破壊的行動障害とも呼ばれ、1980年発行のDSM-?から採用された概念です。
行為障害は、罪悪感が無く年下の子や小動物を傷つける。また、怒りっぽかったり、キレやすい。対人関係に不適応を起こす。嘘をつくなどの行為を平気で繰り返します。
家族の対応として、ナイフやスタンガン、モデルガンなどを収集しますので注意する必要があります。また、温血動物に対する残酷な仕打ちをします。これは行為障害の子の特徴です。
行為障害は多くの場合、思春期に症状が出始めます。素質があっても発症しない子もいます。
行為障害は、罪悪感なく年下の子や小動物を傷つける行為を繰り返します。行為障害は脳の発達が原因といわれておりますが、素質があっても発症しない子どももいます。しかし、発症すれば家族や周りの人たちが対応に苦慮することが多くなります。どんな兆しがあるか知ることが大切です。

行為障害の診断基準は4つに分かれています。

(詳しくはDSM-4による行為障害の診断基準を参照願います。)

  • (1)人や動物に対する攻撃性(いじめ、脅迫、威嚇、けんか、特に武器の使用)が現われます。
  • (2)所有物の破損や放火などをします。
  • (3)嘘をついたり盗みをします。
  • (4)夜遊び、家出、怠学などのルール違反します。

上記の行動が過去12ヶ月間に3つ以上あると行為障害と診断されます。ADHDの子の10%から20%は行為障害を合併します。

行為障害の特徴

  • (1)鳥、犬や猫、ウサギといった温血動物をナイフで傷つけるなど攻撃が生きものに向い、最終的には人物を攻撃するようになります。
  • (2)人をだましたり傷つけても平気な顔をしています。なかでも弱いものをいじめをします。
  • (3)多くの場合思春期に症状が出始めます。
  • (4)ナイフやスタンガンなどの武器を集め、隠し持っています。
  • (5)発症するとなかなか家族だけでは手に負えない時があります。

治 療

しつけや教育的働き掛け等により共感性を養う。
薬物治療によって多動、衝動、不注意等の不適応行動を減らす。程度を軽くする。

1)薬物療法・・・・リタリン(SSRl)などが使われています。
2)家族は、行為障害を病気だと考え、その認識をまずもつことです。また、早期発見、早期治療が大切になります。言葉使いでは分からないので、その子がどんなことをしたかの行動に注意して見ていくことが大切です。

心の健康百科」大塚俊男等著 弘文堂

夫婦関係のゆがみのために性的な満足の得られない親はいらだち、子どもに八つ当たりして、子どもを虐待・性的虐待する時もあります。
このような剥奪的な環境下で育つ子どもは行為障害、反抗挑戦障害などを来たすことが多く、保育園、幼稚園・学校で集団活動になじむことができずに通常の精神発達の路線からはずれてしまいます。
*身近な方で心配な場合は、勝手に判断することなく専門医に相談してください。

行為障害は注意欠陥多動障害を持った子が自尊感情等を育むことが出来ずに行為障害を発現することがありますが、注意したいのは夫婦関係が上手くいってないことにより子どもの居場所や親とのコミュニケーションの悪さ、叱られ過ぎ等の要因で行為障害が発現することもあるということです。親のストレスを子に向けることは避けたいものです。


軽度発達障害とは内の記事一覧

行為障害とは
行為障害(CD)と反抗挑戦性障害(ODD)とはあわせて破壊的行動障害とも呼ばれ、...
学習障害と高機能自閉症との違い
広汎性発達障害とは自閉症類似の病態の総称でその中に高機能自閉症やアスベルガー症候...
心の理論とは
心の理論とは、他人の心を推し量る能力のことをいい、「心の理論」が発達していないと...
発達障害とは
発達障害に関する事項を下のようにレジュメ式に分かりやすくまとめてみました。発達障...
二次障害を防ぐための対応
1 場所の明確化 ここは何をする場所なのかを明確にしてあげる。(場所と行動の結び...
アスベルガー症候群と高機能自閉症の違い
アスベルガー症候群と高機能自閉症の違い。 * アスベルガー症候群は、知的遅れや言...
発達障害の子の二次被害について
二次障害とは 子どもが抱えている自閉症や注意欠陥多動障害、学習障害等の障害に対し...
発達障害と軽度発達障害の区分
障害の程度を知能指数で区分しています。 発達障害のうち概ねIQが70以上の障害を...
軽度発達障害の子を理解する難しさ
軽度発達障害の見たてには時間がかかります、それは子どもの行動や知的発達程度などを...
注意欠陥多動性障害(ADHD)とは
注意欠陥多動障害児とは、 注意欠陥多動性障害はセルフコントロールの障害です。障害...
アスベルガー症候群とは
アスベルガー症候群とは、1944年にオーストラリアの小児医であるハンス・アスベル...
広汎性発達障害(自閉性障害)PDDとは
広汎性発達障害とは、自閉症類似の病態の総称でその中にカナータイプの自閉症、高機能...
学習障害(LD)
学習障害(LD)・・・・文部科学省の診断基準(1999・7) 学習障害の定義 学...
軽度発達障害の子の二次被害
発達障害を持つ子は障害を持っている苦しみと、障害なる上にさらに周りの人からの理解...
子育てナビ HOME
軽度発達障害とは
行為障害とは
学習障害と高機能自閉症との違い
心の理論とは
発達障害とは
二次障害を防ぐための対応
アスベルガー症候群と高機能自閉症の違い
発達障害の子の二次被害について
発達障害と軽度発達障害の区分
軽度発達障害の子を理解する難しさ
注意欠陥多動性障害(ADHD)とは
アスベルガー症候群とは
広汎性発達障害(自閉性障害)PDDとは
学習障害(LD)
軽度発達障害の子の二次被害
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719