子育てナビホーム   軽度発達障害とは    軽度発達障害の子を理解する難しさ

軽度発達障害の子を理解する難しさ

軽度発達障害の見たてには時間がかかります、それは子どもの行動や知的発達程度などを考慮したものでなくてはならないこと、また、それぞれの障害の症状がリンクしているところもあり、診断には慎重を要すると言えます。なお、知的等の足りない面についてはテストで診断できる方法はあります。次のようなことから軽度発達障害の子を理解する難しさがあります。

  • (1)軽度発達障害についての一般的共通認識が十分ではありません。
  • (2)障害の境界がはっきりしない面があります。
  • (3)障害がわがままだとかしつけ不足、怠けているなどと周りの人にとられてしまい、非難や叱責の対象になってしまうことがあります。
  • (4)最近は次のようなことは少なくなったが、障害の原因を家族間の人間関係や性格の問題等に求められ、それに伴って問題行動の対応もまちまちで混乱した状況下にしばらくおかれていたこともあります。
  • (5)子の障害に対する一部の親の受け入れがたい迷いがあります。また、それを受け入れる側の対応も十分とはいえない場合があります。

軽度発達障害とは内の記事一覧

行為障害とは
行為障害(CD)と反抗挑戦性障害(ODD)とはあわせて破壊的行動障害とも呼ばれ、...
学習障害と高機能自閉症との違い
広汎性発達障害とは自閉症類似の病態の総称でその中に高機能自閉症やアスベルガー症候...
心の理論とは
心の理論とは、他人の心を推し量る能力のことをいい、「心の理論」が発達していないと...
発達障害とは
発達障害に関する事項を下のようにレジュメ式に分かりやすくまとめてみました。発達障...
二次障害を防ぐための対応
1 場所の明確化 ここは何をする場所なのかを明確にしてあげる。(場所と行動の結び...
アスベルガー症候群と高機能自閉症の違い
アスベルガー症候群と高機能自閉症の違い。 * アスベルガー症候群は、知的遅れや言...
発達障害の子の二次被害について
二次障害とは 子どもが抱えている自閉症や注意欠陥多動障害、学習障害等の障害に対し...
発達障害と軽度発達障害の区分
障害の程度を知能指数で区分しています。 発達障害のうち概ねIQが70以上の障害を...
軽度発達障害の子を理解する難しさ
軽度発達障害の見たてには時間がかかります、それは子どもの行動や知的発達程度などを...
注意欠陥多動性障害(ADHD)とは
注意欠陥多動障害児とは、 注意欠陥多動性障害はセルフコントロールの障害です。障害...
アスベルガー症候群とは
アスベルガー症候群とは、1944年にオーストラリアの小児医であるハンス・アスベル...
広汎性発達障害(自閉性障害)PDDとは
広汎性発達障害とは、自閉症類似の病態の総称でその中にカナータイプの自閉症、高機能...
学習障害(LD)
学習障害(LD)・・・・文部科学省の診断基準(1999・7) 学習障害の定義 学...
軽度発達障害の子の二次被害
発達障害を持つ子は障害を持っている苦しみと、障害なる上にさらに周りの人からの理解...
子育てナビ HOME
軽度発達障害とは
行為障害とは
学習障害と高機能自閉症との違い
心の理論とは
発達障害とは
二次障害を防ぐための対応
アスベルガー症候群と高機能自閉症の違い
発達障害の子の二次被害について
発達障害と軽度発達障害の区分
軽度発達障害の子を理解する難しさ
注意欠陥多動性障害(ADHD)とは
アスベルガー症候群とは
広汎性発達障害(自閉性障害)PDDとは
学習障害(LD)
軽度発達障害の子の二次被害
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719