子育てナビホーム   子供の病気    熱中症とは

熱中症とは

熱中症とは、人間は暑くなると体温を下げるために水分補給をし、汗をかくことで体温調整をします。しかし、暑い時に体温調節が上手くいかず体内に熱が溜まってしまいますといろいろな障害が起こります。これを熱中症といいます。この体温調節がうまくできないと最悪の場合死にいたることもあります。
また、熱中症は気温だけではなく湿度や輻射熱(直射日光など)も関係してきますので注意が必要です。特に湿度の高い時は誰しも汗が出にくいため熱中症を起こしやすいと言えます。

熱中症の種類

  • 1 熱失神・・・・めまい、失神、顔面蒼白、脈拍の変化。
  • 2 熱疲労・・・・脱水のために倦怠感やめまい、頭痛、吐き気。
  • 3 熱けいれん・・腕、足、腹部の筋肉が痙攣し痛む。
  • 4 熱射病・・・・ろれつが回らない、意識がなくなる。反応が鈍くなる。

体温調節が出来ない理由

  • 1 体力の低い人・・・子ども等
  • 2 高齢者の方で循環機能の低い人
  • 3 体調不良の人
  • 4 スポーツをしていて適度な水分補給と塩分を取っていない場合

熱中症の予防

  • 1 暑いとき(気温35度以上)の遊び、スポーツ、外作業等は控える。
  • 2 水分を十分に補充する。(スポーツドリンクがベスト)
  • 3 出かける時は涼しい服装と帽子を着用・日傘を利用する。
  • 4 体調が悪い時は無理しない。
  • 5 都会の道路のアスファルト・建物のコンクリート等の放熱への対応としてエアコン等を使用する。
  • 6 幼児、高齢者等への配慮

熱中症の対応

  • 1 熱射病

命にかかわる場合があり、医療機関に運ぶ。とにかく身体を冷やし体温を早く下げる。
1)涼しい日陰に休ませる。
2)足を高くし休ませる。
3)首、脇の下、足の付け根等を氷で冷やす。
4)身体に水をかけたり、濡れタオルで冷やす。

  • 2 熱失神・熱疲労

涼しいところで休ませる。水分補給、吐き気などがあって水分補給が出来ない時は医療機関へつなげる。

  • 3 熱痙攣

生理食塩水(0,9%)など塩分を補給する。


子供の病気内の記事一覧

熱中症とは
熱中症とは、人間は暑くなると体温を下げるために水分補給をし、汗をかくことで体温調...
幼児の心の病気と危険サイン
幼児期の問題行動は自然に治ってゆくものが多いのですが、中には危険サインとして出さ...
子どものうつ病とは
子どもも大人と同じようにうつ病になります。以前は子どもにうつ病はまれなケースとし...
子育てナビ HOME
子供の病気
熱中症とは
幼児の心の病気と危険サイン
子どものうつ病とは
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719