子育てナビホーム   子育てと情報社会    情報管理のできる子に

情報管理のできる子に

テレビと子育ては切っても切れない問題であります。この関係をどのように親が考えるかで子の人間性や社会性にまで及ぶ大きな問題であります。しかも情報の媒体(携帯電話等)は増えていますし、その機能はますます高性能で使いやすく、多くの情報をもたらしてくれます。
今、その氾濫した情報の中から自分に有用な情報を取り出し、生活に反映させてゆく管理能力が求められています。そのような能力を子育ての中でどのように養ってゆくかであります。
この方法が一番いいという確約できるものはありませんが、少なくともゲーム漬け。ネット中毒と言われるような人にはなって欲しくないものです。引きこもりの人の時間潰しはゲームをやったり、ネットに夢中になっています。また、TVも良い時間潰しになります。このような状況に陥ることは避けたいものです。

そこで現在の情報社会に飲み込まれないために親は小さいころからしつけとして情報管理(制限)をしてゆくことが良いと思います。例えば、親の都合で何時間もテレビを見せておく、子どもが求めるままにゲーム機械を買い与えるようなことはすべきではないと思います。テレビであれば見る時間はきちんと決める。必要な情報と好ましくない情報は区別して早い時期からためらうことなく教えてゆくことかと思います。
また、時間潰しに便利なゲーム機の購入は与える時期を考え急ぐことはありません。与える時期はルールを作りそれを理解し、守れる年齢までは与える必要はないように思います。
一方、並行して社会の大きな出来事については、年齢に応じた分かりやすい話方で親の考え方を伝えるような教育し、成長するにつれて子の考えもきちんと聞いてあげ、情報の捉え方や考え方を把握し共有してゆくことは、思春期以後のサポートにおおいに役立つものと思います。

ゲームの欠点は一人遊びです。確かに二人で同時にやることが出来るゲームもありますが、そこには言葉を使ったコミュニケーションがありません。これは人間関係が成立していません。 そこでそれを補うのが外で複数の人と遊ぶ機会を大切にしていくことです。できない場合は親が一緒に外で遊んであげることでもアウトドアーを楽しむことでもよいし、スポーツすることでも良いと思います。外に連れ出しま遊びましよう。
外で遊ぶ楽しさを教えることによって偏らない関心を得ることにもなります。幅広い見識を持った人間として成長をしていくことが期待でき将来情報に翻弄されることなくバランスとれた人生を送ることが出来ると思います。


子育てと情報社会内の記事一覧

携帯電話・ネットを子どもに使わせない
子どもに携帯電話を持たせることを見直しましょう 大阪府で子どもに携帯電話を持たせ...
情報管理のできる子に
テレビと子育ては切っても切れない問題であります。この関係をどのように親が考えるか...
バーチャルリアリティー(仮想現実)とは
現在は情報化社会です。氾濫した情報の中で子育てをしてゆかなければなりません。情報...
子育てナビ HOME
子育てと情報社会
携帯電話・ネットを子どもに使わせない
情報管理のできる子に
バーチャルリアリティー(仮想現実)とは
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719