子育てナビホーム   児童虐待の問題    児童虐待防対策(案)で親権の一時停止について思うこと

児童虐待防対策(案)で親権の一時停止について思うこと

親権について規定している民法が児童虐待防止対策で見直し案がまとまりました。この防止案によると「親権を一時停止する」ことができるようになった。「停止期間は最長2年」としています。その間親から引き離しやすくなります。
なお、手続きとしてはこの「決定は家庭裁判所が状況を判断し決定する」ことになります。当然流れとしては、児童相談所からの事件送致といったことになるかと思いますが、また、事案によっては、警察官の立ち会い等々の話が出てくることも予想できますが、まだ、法律としては成立していません。

法律を早く通して欲しい

児童虐待」は現在も行われている可能性はあります。早く法律を通して子どもの犠牲者をなくして欲しい思いです。

手続きを複雑にしないで欲しい

法律を適用し国家権力を執行する場合、とかく「人権問題等」がありますので慎重にならざろう得ないし、その適用範囲も細かく規定されることになるかと思いますが、効果のある法律でなくてはならないこと。また、スピード感のある法律でなくてはなりません。各機関が検討している時間が長いお役所仕事は犠牲を多くするだけです。

予防的意味を強くして欲しい。

法律はことが起きてからどうするといった規定や手続きになっています。しかし、少年法には、ぐ犯といった非行事案があり、罪を犯す恐れがある少年を少年法で処遇していこうとする考え方です。この考え方は事件を起こさせないことで少年の将来を守っていくとした予防的色彩が大変強いものです。
その法律の理念は、国が親の代わりになって面倒を見ていくとする「国親思想」です。まさに児童虐待のような事件は「国親思想的」考え方で、虐待を受けている子を国が親代わりになり面倒をみていくとする対応でよいのではないでしょうか。

親権とは

親権とは、親が子にもつ「権利と義務」のことをいいます。具体的には

  • 1 監護・・・身の回りの世話等
  • 2 教育・・・子に教育を受けさせる義務
  • 3 住む場所の指定
  • 4 懲戒・・・しつけ教育等
  • 5 職業の許可
  • 6 財産の管理

(平成22年12月21日現在)


児童虐待の問題内の記事一覧

11月は児童虐待防止推進月間です。
11月は、厚生労働省・内閣府主催の「児童虐待防止推進月間」です。 虐待を受けたと...
児童虐待とは
児童虐待とは、親又はそれに代わる養育者から子どもが不適切な扱いを受けることをいい...
しつけと虐待の違い
しつけは基本的生活習慣や社会のルール、マナーそして理性を育てるものです。また、し...
見逃さないで虐待のサイン
虐待している親、されている子どもも意外と虐待を疑わせるサインを出していることが多...
児童虐待防対策(案)で親権の一時停止について思うこと
親権について規定している民法が児童虐待防止対策で見直し案がまとまりました。この防...
暴力的しつけは虐待です
安易に妻や子に暴力を振るう未成熟な夫が目立ちます。暴力を持って自分の気持ちを押し...
子への虐待はあってはならないことです
親が子供に暴力を振るい、また、食事をとらせなかったり、車においてパチンコをしたり...
子育てナビ HOME
児童虐待の問題
11月は児童虐待防止推進月間です。
児童虐待とは
しつけと虐待の違い
見逃さないで虐待のサイン
児童虐待防対策(案)で親権の一時停止について思うこと
暴力的しつけは虐待です
子への虐待はあってはならないことです
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719