子育てナビホーム   しつけ教育    わがままをしつけるには

わがままをしつけるには

子育てで何のためにしつけをするかの答えの大きな一つに「わがままな子に育てない」があります。わがままな子に育てないようにしつけるのは次のような方法があります。
例えば、お店で何かを買ってほしいとダダをこねている子を見かけますが、親は、泣くと回りの目があるので負けて買ってしまう場合があります。この様なときは、まず、事前に「今日は買いものにいきますが、何も買わないよ」と言っておきます。それでも駄々をこねた時は、「約束でしょう」と約束を守らせます。それでもおさまらない時は「無視します。」、「その場を離れる(少々距離をとる。)」などを工夫して接してゆくことが良いと思います。
このような状況の中では「叱る」ことも一つの方法もあるかと思いますが、これは一時的効果は期待できますが、それでしつけとして身につくことは期待できません。上手な叱り方は、同じことで何回も叱らないこと。できるだけ叱る機会を減らすこと。叱る場合は、どうして叱っているかを明確にして少し厳し目に叱ることが良いと思います。
このようなこと以上に大切なことは、良いことをした時、改めたとき少しオーバーに褒めましょう。褒めることは、子は次も褒めて欲しいので同じ行為をします。
その気持ちを強化(褒めること)してあげることが効果的なしつけ教育になります。「叱るより褒めてしつけをしましょう。」


しつけ教育内の記事一覧

小学生の万引き、嘘は心配です
万引きが常習化することは将来心配です。 小学生のころから万引きしたり平気で嘘をつ...
子育てで大切な家のお手伝い
最近、子どもが家のお手伝いをするようになったと言われており、これは大変良いことで...
子育て・しつけをしてから個性を伸ばす
個性とは、辞書では「他の誰かと違う、その人特有の性質」とあります。個性とは、「他...
子育て、しつけとは このようにします
しつけとは親の考えのおしつけです。 子どものしつけは結構親によってやり方が違うよ...
しつけは親のプレゼントです
親のしつけは子にとって一生を左右するもので、親の大切な仕事であります。しかし、特...
子どもを叱らない親と大人
温泉に行ったとき、お風呂に入ったら子どもたちが元気な声で遊んでいた。大きいお風呂...
リスク回避を教えましょう
子育ては、親に監護養育する責任があるということを一度考え直してみませんか。一時、...
しつけは、理性を教えることになりまです
理性は本能に対してもう一人の自分を作ることであります。人間は生まれたときは本能的...
わがままをしつけるには
子育てで何のためにしつけをするかの答えの大きな一つに「わがままな子に育てない」が...
子は生まれながらにして罪人である。と言われています
それは3歳くらいのままでの子は平気で虫を殺したりします。それは生き物だからとか、...
赤ちゃん陛下とは
赤ちゃん陛下とは、親が乳幼児から王様のように子供に仕え続けてしまうと子は親を自分...
分をわきまえる
子育てで大切なことに「優劣の具合(相手に分があるか。自分に分が悪い。)」をわきま...
我慢する、ゆずる、赦すもしつけ教育です
人が生涯をとおして生きていく時にどうしても身に付けておいて欲しいのが、「我慢する...
身を守ることもしつけです
危険な場所には近寄らない。危険と思われる所は回避する。危険なことと思われることは...
しつけとは
しつけをすると言うことは、狭い意味では礼儀作法を教え、広い意味では生き方を教える...
子育てナビ HOME
しつけ教育
小学生の万引き、嘘は心配です
子育てで大切な家のお手伝い
子育て・しつけをしてから個性を伸ばす
子育て、しつけとは このようにします
しつけは親のプレゼントです
子どもを叱らない親と大人
リスク回避を教えましょう
しつけは、理性を教えることになりまです
わがままをしつけるには
子は生まれながらにして罪人である。と言われています
赤ちゃん陛下とは
分をわきまえる
我慢する、ゆずる、赦すもしつけ教育です
身を守ることもしつけです
しつけとは
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719