子育てナビホーム   親の養育態度    子どもと親の共依存とは

子どもと親の共依存とは

共依存とは

共依存症とは、夫婦の間でお互いに助け合い、もちつ、もたれつはなんら問題はないのですが、問題は、相手に対する愛情行為としてサポートしていることが、いつのまにか相手を弱らせてしまい、自立の芽を摘み相手を支配してしまいそこから抜けられないう関係になることです。このような支配関係になることを「共依存」と言います。

例えば、アルコール依存症の妻の面倒をみる夫。夫は「私がついていなければこの人はだめになってしまう」と一生懸命に世話をやき支える。この関係がいつの間にか、相手の妻を駄目にしてしまい、弱らせ自立の道を閉ざしてしまうことになります。結果的に相手を自分のところから逃げられないように支配することになります。
夫婦間では、他にギャンブル依存症、買い物依存症、等があり、ケースによっては、時には支えきれなくなり離婚にまで発展することもあります。

親は子を抱え込まない冷静さを

一般的に共依存とは言いませんが、このような状態が子育てにも言えるのではないでしょうか。

過保護な親や過干渉の親が一生懸命に子の面倒をみるが、一生懸命になればなるほど子どもの成長を阻害し自立を遅らし、親元から巣立っていけない子にしてしまう状態は同じです。

子育てでは「子育て10年子離れ10年」と言われています。親子の共依存関係は切りたいものです。

何事もすべて抱え込まずに一歩さがって客観的に状況をみることも大切かと思います。


親の養育態度内の記事一覧

子どもと親の共依存とは
共依存とは 共依存症とは、夫婦の間でお互いに助け合い、もちつ、もたれつはなんら問...
極端な子育ての養育態度は子を歪めます
極端な親の養育態度は子どもに良くない結果が出る場合があります。 乳幼児期には「ひ...
「親の養育タイプ」あなたはどのタイプ?
親の子に対する養育態度はそれぞれでありますが、子どもに問題がある場合、その子の親...
子育てナビ HOME
親の養育態度
子どもと親の共依存とは
極端な子育ての養育態度は子を歪めます
「親の養育タイプ」あなたはどのタイプ?
その他のページ
リンク集
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク



お知らせ.jpg



プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら
MCC結婚生活相談センター
719